株式会社ADA  田中美知代が厳選した伝統工芸ギャラリー

しつらえ



   お茶遊びにもう少し彩りを添えて、お茶碗の周りにも、
   アバンギャルドな楽しみを広げてみましょう。
              香合(こうごう)
        小振りのお道具を納めておく茶箱
            花を生ける花入れにも
      お茶遊びを取り入れてみました。
しつらえしつらえ
南山窯

南山さんの作品は日本にとどまらずフランスやオーストリアなどでも高い評価を受けています。

作品の中には鵬雲斎大宗匠の御好物に選ばれたものや、
マレーシア国立美術館のパブリックコレクションになったものも
あります。

南山窯

作品
  • 南山窯  鳳凰紋香合

    南山窯
     鳳凰紋香合

  • 南山窯  水差し

    南山窯
    水差し

  • 南山窯  建水

    南山窯
    建水

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
西村圭功漆工房

西村圭功漆工房は京塗(京都の木地に、京都で塗をする)と言うことにこだわってものつくりをしている工房。

特に西村さんは、加飾の華やかさより、漆そのもので世に問いたいという信念の持ち主です。

西村圭功漆工房

作品
  • 折りだめ一閑月形茶箱

    折りだめ一閑月形茶箱釜
    一閑上弦月中次
    一閑黒塗茶筅筒

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
交趾焼 中村翠嵐作

お茶遊びをしないときはインテリアのオブジェとして飾っても楽しい逸品です。

遊び心がいっぱいのお茶遊び。

交趾焼 中村翠嵐作

作品
  • けん玉香合、ふたおき

    けん玉香合、ふたおき

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
中村 佳永作

中村佳永さんには、卓越した金工の技で、日本古来の箏の形をした香立てをお願いしました。

茶釜のほかにも茶器ややんぽ(ボンボン入れ)などを作っていただきました。

中村 佳永作

作品
  • 純銀丸釜

    純銀丸釜

  • 純銀茶器

    純銀茶器

  • 和箏香立/横笛香筒

    和箏香立
    横笛香筒

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
飾る 掛け軸・花入れ

茶室に見立てたリビングに、斬新なたたずまいはいかがでしょう。

掛け軸の本紙は鉄のアーティスト徳持耕一郎さんのエッチングです。
(徳持耕一郎さんhttp://www.hal.ne.jp/saurs/

飾る 掛け軸・花入れ

作品
  • 凜薫(りんく)一輪挿し

    凜薫(りんく)一輪挿し
    8種

  • コラボレート企画 表具師 村山秀紀/エッチング 徳持耕一郎 JAZZ 茶

    コラボレート企画
     表具師  村山秀紀
     エッチング  徳持耕一郎
     JAZZ 茶

  • コラボレート企画 表具師 村山秀紀/エッチング 徳持耕一郎 JAZZ グレー

    コラボレート企画
     表具師  村山秀紀
     エッチング  徳持耕一郎
     JAZZ グレー

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
帯地テーブルランナー

帯の作り手とのおつきあいも教わること多く愉しいものです。

藤の蔓で織物を織る人や、屋久杉などの木を横糸にため息の出るような作品を作る人。
技と共に感性も優れた人たち。その帯を作る技でインテリアに合うものをとお願いしてできた製品です。

小石原将夫作 雪月花テーブルランナ

作品
  • 雪月花テーブルランナー

    雪月花テーブルランナー

  • 屋久杉のテーブルランナー

    屋久杉のテーブルランナー

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
小物



          お茶遊びなら、小物もアバンギャルドに。
         お茶遊びに招かれても、
        スタイリッシュな逸品を携えて。
小物小物
くらふとばんしょう

御木具師橋村家はルーツは平城京の時代と伺いました。
私の直接知る限りでは、ひとつの家業を守り伝えてきた家としては、最も歴史が長いのです。
後鳥羽上皇がお使いになるための道具の注文書が残っているというのも、京都の長い歴史を感じさせてくれます。

くらふとばんしょう 木具師 橋村佳明作 携帯用裁縫箱セット

作品
  • 携帯用裁縫箱セット

    携帯用裁縫箱セット

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
懐紙

京都・離世(はなせ)で作ってもらったキラ摺りの懐紙です。

上質を持ち歩くというのも、お茶遊びの楽しみです。

懐紙

作品
  • 京都・離世(はなせ)

    キラ摺り懐紙 未晒
    三十六歌仙未晒
    渡来縞紋未晒
    かわり七宝未晒

  • 京都・離世(はなせ)

    キラ摺り懐紙 白
    三十六歌仙未晒
    渡来縞紋未晒
    かわり七宝未晒

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
縞縞 小倉クリエーション

かつて、小倉袴(こくらばかま)と言って武士に好まれ、矢をも通さなかったというほど緻密な布です。
徳川家康も、狩りの時は小倉袴を愛用したというほど、高密度に織られています。
普通の布と比べて3倍強もたて糸として先染め木綿糸を使って織られた布は、ゾリッとするくらい鋭くエッジの効いた縞になっています。

縞縞ブリーフケース NO.8

作品
  • 縞縞ブリーフケース NO.8

    縞縞ブリーフケース NO.8

  • 縞縞ブリーフケース NO.3

    縞縞ブリーフケース NO.3

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。
大高玲香デザイン 懐紙入れ

お茶遊びの師匠でもある大高玲香さんのデザインによる懐紙入れ。

大高玲香デザイン 懐紙入れ

作品
  • 麻懐紙入れ

    麻懐紙入れ

  写真をクリックすると大きな画像が表示されます。